2020年09月19日

メロディマ〜イティジャ〜ックは〜強〜引〜〜

DSCN6270.JPG
 当時、小学校低学年ですから、英語で「るんるんMighty Jack is going〜〜」という意味は理解出来ませんでしたけど、幼心に「カッコイイ歌だナァ〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)」と思ってて、プラモデルを作ったり、後年、LPレコードやレーザーディスクが発売された時は嬉々として買い揃えたものでしたCDCDCDCDCD 大好きな作品デス手(チョキ)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
DSCN6274.JPG
『マイティジャック』、これぞ、円谷特撮の最高峰exclamation×2 当時、キー局のフジテレビが社運を賭けて1本1000万円という破格の製作費で作られた我が国初の大人向けの特撮ドラマシリーズでしたTVTVTVTV とにかく「主役」である万能戦艦・マイティ号をはじめ、メカニックが超カッコ良かったデス手(グー)わーい(嬉しい顔)雷雷雷雷雷
DSCN6271.JPG
 主に桂隊員(普段の職業が銀座のクラブのママっていう設定に大人向け感爆発でした爆弾爆弾爆弾)&マリちゃんの女性隊員が乗り込むというコンパクトな戦闘機で、他のメカもそうだけど、マイティ号艦内で組み立てられてから出撃するというシーンのミニチュアワークも痺れました手(パー)わーい(嬉しい顔)ひらめきひらめき
DSCN6272.JPG
 中でも一番好きなメカが、このエキゾスカウトです飛行機飛行機飛行機飛行機ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま) マイティ号と同じく水陸両用の万能偵察機で、そのデザインに魅了されまくりで、玩具が無かった時は、ブロックで組み立てて自分なりのエキゾスカウトを作ったものでした手(チョキ)わーい(嬉しい顔)揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート
DSCN6319.JPG
 土曜日の夜8時という、後に『欽ちゃんのドンとやってみようexclamation』『オレたちひょうきん族』『めちゃ×2イケてるッexclamation』といったバラエティーのオバケ番組が連なるゴールデン中のゴールデンタイムに放映されていましたが、時代が早過ぎたのか、いつの間にか30分番組で子供番組枠の『戦えexclamationマイティジャック』となり、11人(だから「ジャック」だったろうに)だったメンバーは5人になり(でも『忍者部隊月光』で活躍していた名月・山口暁=後のライダーマン・結城丈二=さんや月影・渚健二=後のさそり男・早瀬五郎=さんが隊員役でレギュラー出演して嬉しかったるんるんるんるん)、出撃時のカッコ良かったヘルメットは、無地の白ヘルメットになってしまって、ちょいとガッカリもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
DSCN6277.JPG
 それと大好きだったエキゾスカウトの出番がグッと減り、毎回、コンクルーダーばかりになってしまった事ふらふらあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) いや、決してコンクルーダーが悪い訳じゃないけど、その分、エキゾスカウトやピブリダーの活躍場面が激減したのが残念だったのでありますちっ(怒った顔)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
DSCN6278.JPG
 でも、放映から半世紀以上も経つのに、こうした形でミニチュアの数々と対面させて頂けるなんて本当に有り難い事デス手(チョキ)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
DSCN6315.JPGDSCN6314.JPG
 さらにコチラは梶田達治画伯が描かれた円谷メカの雄姿の数々ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート) プラモデルの箱絵や雑誌のグラビヤ等、小松崎茂画伯から、現在も大活躍の開田裕治画伯まで、夢の場面を沢山想像して具現化してくれていますネェ〜ペンペンペンいい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉) 『マイティジャック』関係では、「マイティ基地」のプラモデルが、今も仕事場の机の横に箱ごと飾ってあります手(パー)わーい(嬉しい顔)るんるんるんるん
DSCN6330.JPG
 という訳で9日間に亘って書き綴ってまいりましたが、現在、東京ドームシティ・Gallerry AaMoで開催中の『特撮のDNA−ウルトラマンGenealogy』イベントイベントイベントイベント 10月18日(日)までですので、どうぞ、お忘れなく手(チョキ)わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
posted by ショッカーO野 at 19:25| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。