2019年09月10日

高畑勲展❣❣

190815-01.JPG
 「夏休みイベントラッシュ」、8月15日の終戦の日に『ヤス&O野のラジオトークバトル・ハイパーexclamation』の相方・ミンキー♡ヤスさんと国立近代美術館で開催中の『高畑勲展』に行って来ました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) 前回、この美術館に来たのは『手塚治虫展』の時でしたイベントイベントイベントイベント ちょうど石森プロ在職中だったので、レセプションの時に石ノ森章太郎先生や藤子不二雄Ⓐ先生達と一緒に廻って、「この『ジャングル大帝』の背景は、アビちゃん(安孫子素雄=藤子Ⓐ先生の事)の絵だナァ〜exclamation×2」「そうそうひらめきひらめき で、こっちが藤本(弘=藤子・F・不二雄先生の事)君exclamation×2」「あ、コレは石森氏だネェ〜るんるんるんるん」なんて話をすぐ横で聞かせて頂いてましたっけかわいいかわいいかわいい あれから実に30年の歳月が流れてますあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) 時の経つのが本当に早いふらふら爆弾爆弾爆弾
 で、高畑さんと言えば、『火垂るの墓』をはじめ、『おもひでぽろぽろ』『平成狸合戦ぽんぽこ』『ホーホケキョ となりの山田くん』『かぐや姫の物語』といったスタジオジブリでの作品が有名ですけど、僕らの世代にとっては、東映動画(現・東映アニメーション)時代のテレビシリーズ『狼少年ケン』や劇場初演出(監督)作品『太陽の王子 ホルスの大冒険』、そして、Aプロダクション(現・シンエイ動画)で作った『パンダコパンダ』(たまには地上波のゴールデンでやって欲しいTVTVTV)、さらにズイヨー映像の『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』『赤毛のアン』等の『名作シリーズ』、あっ、『じゃりン子チエ』も良かったナァ〜るんるんるんるん ……と、本当に長きに亘って、沢山夢を見させてくれましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) そんな素敵な展示や貴重な資料がゆっくり観られますいい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉) さらに写真撮影がOKなコーナーもありましたカメラカメラカメラ
190815-03.JPG
 アルプスの麓の駅まで機関車が走り(実際にミニチュアのSLが走ってますダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
190815-06.JPG
 駅から山を見上げれば、デルフリ村からヤギの群れを連れて歩くペーターの姿がひらめきひらめき そして、ペーターとヤギ達が向かう先には
190815-08.JPG
 アルムの山小屋がありました家家家
190815-09.JPG
 モチロン、山小屋にはハイジが居て揺れるハート揺れるハート揺れるハート
190815-10.JPG
 おんじもヨーゼフも居ます猟犬猟犬猟犬猟犬
190815-14.JPG
 せっかくなのでなので、山小屋にお邪魔して来ましたいい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉) 10月6日までやってますので、是非、皆さんも手(パー)わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

posted by ショッカーO野 at 23:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。