2015年11月20日

♪著書と共著と構成にプロデュ〜ス〜

151007-12.JPG
るんるんHow many イ〜イ〜本〜〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) ……と、これ等も先日の『スーパー戦隊魂』の準備の時、仕事場でTシャツや衣裳を探していたら出て来た“本関係”本本本本本 一応、業界生活35年の節目の年に“発掘”したのも何かあるかと、撮ってみましたカメラカメラカメラカメラカメラ
151007-10.JPG
『ライダーキックは痛かった』昭和63年10月8日・勁文社
忘れられない作家デビューをさせてもらった作品ひらめきひらめき 石ノ森章太郎先生のファンクラブで10代の頃からお世話になっていたライターの大先輩でもある大沼弘幸プロデューサーから、「スタントマンとして過ごした日常生活は、お前にとっては普通な事かも知れないけど、普通の人から見たら充分に“変”で面白いからグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)」と、ちょうど島田洋七師匠のマネージャーをしていた時で連日の地方ロケの中、原稿が進まず、夜中に勁文社編集部に集合して朝まで打ち合わせなんて生活をしながら完成した思い出がありますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
151007-06.JPG
『ショッカーO野の熱血ヒーロー日記』平成元年5月15日・ラポート
元々、新卒でラボートに入社し、営業部に配属されていたのですが、広告を担当していた月刊アニメックの小牧雅伸編集長から、「お前の話は面白いから連載やれexclamation×2」と言われ、冗談だと思っていたら次の月に原稿を取りに来られ、高校時代の自主映画の主人公“多羅尾伴外”のペンネームで、『特撮マン現場報告』という連載を開始し、その後ラボートを退職したにも拘らず、アニメック本誌が休刊する迄連載は続きましたペンペンペン その一方で、『ライダーキックは痛かった』の出版が決まったのと前後して、「ちょうどウチは今、コミックスの描き下ろし単行本を中心に出版してるから、お前の本もそうしようexclamation×2」と、その頃、我が文筆業の師である、さくまあきらさんの事務所で育てていた何人かの若手漫画家の中で、画力が高かった小野敏洋君に、僕が彼の絵が好きだった事もあって作画をお願いし、取材で東映撮影所に行ったり、後楽園ゆうえんち野外劇場に行ったり、実際に“小野ちん”にヒーローショーを経験させたりして、楽しく作りましたいい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)
151007-03.JPG
『CULT QUEST 500〜仮面ライダー編〜』平成4年12月10日・バンダイ
さくまさんの事務所を経て、フリーライター&構成作家として、文化放送『吉田照美のやる気MANMANexclamation』の構成や、学研、勁文社、東映ビデオ等で『怪獣怪人大百科』系の書籍やビデオの構成などをしていた頃、石ノ森先生から呼ばれて石森プロに入社し、『萬画・日本の歴史』の進行を担当した後、独立させて頂いてライターの仕事を本格的に始動した時、バンダイの模型&特撮雑誌・『月刊B−CLUB』の加藤智編集長から連載の話を頂いて以降、関連の出版の仕事を沢山やらせて頂きましたペンペンペン 既報の『ルパンに会いたくて…』をプロデュースさせて頂いたのも、この頃でしたネェ〜ひらめきひらめき この本は、当時『カルトQ』という番組をきっかけに“カルトクイズブーム”というのが起こり、とにかく“昭和の仮面ライダー”に関するクイズを2ヶ月ぐらいの間、ひたすら考え続け、1人で500問考えましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) 後にテレビ東京の『TVチャンピオン〜TVヒーロー王選手権〜』(ニッポンじゃ〜2番目だダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま))に出演した時、この本で考えた問題と同じのが出てきて笑いました爆弾爆弾爆弾
151007-09.JPG
『星を喰った男』潮健児・著、平成5年9月17日・バンダイ
『仮面ライダー』の地獄大使は基より、『悪魔くん』の弟メフィストとして出会って以来、ず〜〜っと大好きな俳優・潮健児さんぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) 『10号誕生exclamation 仮面ライダー全員集合exclamation×2』では暗闇大使とコンバットロイドで共演しているものの、石森プロ時代に兄貴分の日本漫画家協会・片山雅博(多摩美大教授)さんの紹介で直接お会いした時に、自費出版で出すというお話を聞いて、「天下の地獄大使様の本が自費出版なんてどんっ(衝撃)どんっ(衝撃)」と、初めて出版プロデュースの仕事をさせて頂いた本デスかわいいかわいいかわいい 余命が危うく「出版パーティーまでは持たないexclamation×2」と言われていたのに、しっかりとパーティーに出席され、多くの方々に祝福されてから、翌日静かに息を引き取ったという奇跡の地獄大使閣下、バンザ〜イexclamation×2exclamation×2
151007-08.JPG
『キカイダー讃歌』池田駿介&伴大介・共著、平成9年3月15日・東西企画
『人造人間キカイダー』から25年目の時に、記念の出版をはじめ、“キカイダー好き”の業界関係者が集まって「プロが作るファンクラブ活動」という事で、ライター仲間の早川優さんが日本コロムビアから『人造人間キカイダー&キカイダー01音楽集』を再版させたり、僕が東映ビデオからスペシャルLD(まだレーザーディスク全盛の時だったんですネェ〜CDCDCD)『キカイダーメモリアル』(構成・編集・演出をしましたカチンコカチンコカチンコ)を出したり、この本では出版プロデュースと、石ノ森先生やハカイダーの声優・飯塚昭三さんとの対談のコーディネートを担当しましたかわいいかわいいかわいい
151007-04.JPG
『超科学分析 仮面ライダーが面白いほどわかる本』平山亨・監修、平成13年10月19日・中経出版
「『仮面ライダー』生誕30周年を記念して、本書いてヨexclamation×2」と、元勁文社の酒井征勇専務から電話が来て、「もしも『仮面ライダー』や“ショッカー軍団”が実在したらexclamation&question」というコンセプトに、放映当時、テレビマガジンやテレビランド等に書いてあった“設定”とかに、リアルな裏付けをしっかりと書いて、マチマチだった所説をキチンと統一出来るような本を作ろうと決めて、平山プロデューサーに監修をお願いして、大好きな諸先輩方と“30周年の決定版”を作らせて頂きました本本本本本
 今思うと、1冊1冊にいろんな思い出がありますネェ〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) モチロン、この他にもライターとして参加した本は何冊もあり、コラムや連載、ビデオ、LD、DVDの構成など入れると数えきれないと思いますが、時には、こんなふうに振り返ってみるのも面白いナァ〜と感慨無量な秋の夜デス手(チョキ)わーい(嬉しい顔)ビールビールビール
posted by ショッカーO野 at 21:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。