2020年03月07日

祝❣❣ 日本アカデミー賞話題賞トロフィートロフィートロフィー

191202-39.JPG
 『第43回 日本アカデミー賞』の各賞が発表されましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) ついこの間まで、「『万引き家族』が……」なんて言ってたのが、もう1年経って、「『翔んで埼玉』面白そう〜るんるんるんるん」なんて思ってたら年越してましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま) そんな中、僕が嬉しかったのは、「話題賞」を受賞した『決算exclamation 忠臣蔵』デストロフィートロフィートロフィー 「時は元禄十五年十二月十四日……」と、講談でもお馴染みの、主君・浅野内匠頭の仇を討たんと、大石内蔵助率いる赤穂浪士四十七士が吉良上野介邸に討ち入りをするまでの物語の裏側=討ち入りをするまでにいったいどれだけの費用が掛かるのかexclamation&question はたまた御家断絶で大石達赤穂の面々は如何にしてその費用を捻出するのかexclamation&question 何処までが史実で何処からが架空なのかexclamation&question 全編に亘り、軽妙でコミカルな演出、達者な俳優陣の演技に引っ張られ、大笑いしている内に物語が展開して(ナインティナイン・岡村隆史さんの演技が素晴らしく泣かされる場面もありましたもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗))、とっても楽しめたので、一般のファンから選ばれた「話題賞」を受賞したのは、1ファンとしても嬉しかったデス手(チョキ)わーい(嬉しい顔)かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
191202-36.JPG

 で、『決算exclamation 忠臣蔵』が公開された直後、討ち入りの詳細を決めた「深川会議」が行なわれた日に因んで、12月2日に『ティーチイン上映』(上映終了後、監督や出演俳優によるミニトークショー付きカラオケカラオケカラオケ)が開催され、ちょうど大阪の『TOKUフェス』を終えて、石原慎一さんと新幹線で帰京したその足で行って来ました手(グー)わーい(嬉しい顔)ひらめきひらめき 上映後の舞台には、中村義洋監督、出演されていた宮本大誠さん、小松利昌さん、沖田裕樹さんが登壇され、「中村組」の楽しい現場の話や共演された俳優さん達のエピソード等、タップリと大サービスしてくれましたるんるんるんるんるんるん 中でも、『シン・ゴジラ』や『仮面ライダーアマゾンズ』にも出演されている小松さん(写真中央でマイクを持っている方カメラカメラ)とは、ナント、帰宅後に発覚した不思議なご縁が手(パー)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) その辺りのエピソードも含め、昨今の世情に鑑み、小規模に(元からやむかっ(怒り)むかっ(怒り))今夜、中野パスタイムでお話したいと思いますカラオケカラオケカラオケ
posted by ショッカーO野 at 11:35| Comment(0) | 日記