2019年09月22日

『サイボーグ009』との想い出きらきらきらきらきらきら

190907-05.JPG
今月のトークライヴの前に中野ブロードウェイ内にある『墓場の画廊』で開催していた『サイボーグ009展』に行って来ました手(チョキ)わーい(嬉しい顔)イベントイベントイベントイベントイベント
190907-01.JPG
 ウインドーには、懐かしくて貴重な昔の絵本やパズル、フィギュア等が飾られかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
190907-02.JPG
 ず〜っと見ていても飽きない状態でしたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
190907-03.JPG
 中でも僕が全アニメの女性キャラで一番好きな003=フランソワーズ(18歳で初めて石森章太郎先生に、西武池袋線・桜台にあった喫茶店「ラタン」でお目にかかった時、描いて頂いたのもフランソワーズでしたペンペンペン)が沢山観られたのが嬉しかったデス揺れるハート揺れるハート揺れるハート揺れるハート
190907-04.JPG
 よく見ると、モノクロのテレビシリーズが始まる2年前の1966年と翌1967年に公開された劇場長編版の(ジョーの両目が見える)太田博之さんが務めた009=島村ジョーのグッズが結構あって、これもまた懐かしかったデスグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
190907-10.JPG
 『サイボーグ009』との出会いは、小学校2年の時に放映されていた、森功至(当時:田中雪弥)さん主演のモノクロ版からなので、もう半世紀以上の付き合いとなりますが、3年生の夏休みに母の田舎の近くに在った常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)に遊びに行った時、館内にあった映画館で、たまたま劇場用第1作をリバイバル上映していて、「アレッ、009の両目が見えるexclamation&question」と、不思議に思ったものですが、1966年の劇場公開時に同時上映されていたのが、『大忍術映画ワタリ』で、20年来の飲み友達(爆)である金子吉延さんによると、映画の宣伝用に、アニメの009と実写のワタリが握手している合成写真もあったそうで、また、公開記念パーティーの時に石森先生とトイレで会って、「009の最終編が見たいですexclamation×2」と直談判した事もあったそうデスダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
 この劇場第1作は、僕が高校1年の時に、野球のナイター中継を今より沢山やっていた頃、ある土曜日の試合が雨で中止になり、雨傘番組として放映された事がありましたTVTVTV その放送を観た時に、ガツンとハンマーで殴られたような衝撃が走り、「僕が子供の頃観ていた大好きな作品はこれだったんだexclamation×2exclamation×2」と、全身が震えるほど興奮し、時同じくして『宇宙戦艦ヤマト』の大ヒットによって巻き起こった空前のアニメブームの中で『009』も多く取り上げられるようになり、そのタイミングで、単行本を全巻揃え、『サイボーグ009』が描かれている物には、即食いつき、正に『009熱』がフィーバー(爆)しましたいい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)
 そして知るのデスひらめきひらめき この作品の原作者が、これまた小学校高学年の時に出会い、夢中になって観ていた『仮面ライダー』をはじめ、『人造人間キカイダー』『変身忍者嵐』『イナズマン』『秘密戦隊ゴレンジャー』……等々を描いた人と同じ石ノ森章太郎(当時:石森)先生であるとぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
190907-11.JPG
 此方が劇場版第2作の『サイボーグ009 怪獣戦争』映画映画映画 悲劇のヒロイン・ヘレナを市原悦子さんが演じてましたネェ〜揺れるハート揺れるハート揺れるハート で、この「両目が見える009」なんですが、今から17〜8年程前、杉並区のアニメフェスティバルみたいなイベントの一環として『アニメ上映会』があって、当時の杉並区長とかも列席するイベントの司会をした時、『となりのトトロ』や『アルプスの少女ハイジ』等と一緒に『サイボーグ009』が上映された事があり、その時点で30年以上前の作品なので、子供達にウケるか個人的に心配だったのですが、ところがどっこい、小さな子供達にドッカンドッカンウケていたのです爆弾爆弾爆弾爆弾 モノクロのテレビシリーズも手掛けられた芹川有吾監督による演出と、『スーパー戦隊シリーズ』では「魔女女優」としてお馴染みの曽我町子さん演ずる007(製作当時、小さい子供達が親しみやすいように、007を子供キャラにしていましたるんるんるんるん)の活躍が功を奏したのと同時に、良いものは時代を超えるんだと実感しました手(グー)わーい(嬉しい顔)ひらめきひらめき
190907-12.JPG
 そういえば、僕がナイターをきっかけに『サイボーグ009』に目覚めて1年程経った頃、つい先日、『救急戦隊ゴーゴーファイブ20周年イベント』をやった全電通ホールで、東映アニメーションファンクラブ主催の『サイボーグ009大会』と題したモノクロ版『サイボーグ009』の全26話上映会が3日間かけて行なわれた事があり、その時、会場で全話観た後、感激した女子達が、「こんなに素晴らしい作品は次代に伝えるべきですexclamation×2」と、自然発生的に署名運動のような形からファンクラブが次々と誕生するきっかけにもなりましたっけ演劇演劇演劇 そして、僕も『サイボーグ009ファンクラブ』を経て『石ノ森章太郎ファンクラブ』へと入会するのでありました手(パー)わーい(嬉しい顔)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)
190907-13.JPG
 今回のイベントでは、他では手に入らないグッズもいろいろ販売されていましたプレゼントプレゼントプレゼントプレゼント サイボーグ戦士のマフラーや001人形等かわいいかわいいかわいいかわいい あ、001人形で思い出しましたけど、009ファンクラブ入会当時、今みたいにビデオとかがあまり普及していなかった事もあって、東映動画から16mmフィルムを借りて来て公会堂とかで上映会なんてイベントをやったりしていましたが、そんな折、新作の『サイボーグ009』(井上和彦さん主演)が製作される事となり、「(009を)次代に伝えたいexclamation×2」というテーマが達成できてしまう事となる為、ファンクラブはどういった方向に行けば良いのか、なんて真剣にスタッフから相談されたりもしましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま) で、大切なのは、そこに集まる人間同士が、お互いを尊重し合い、『009』を通じて、楽しい人間関係を送る事なんじゃないかとアドバイスして、ファンクラブの方向性を導いたなんて事もありましたっけひらめきひらめき
 よく石森先生も、「フアンクラブっていうのは、たとえ俺がいなくても、俺を肴にして仲良く楽しんでくれればいいんだヨるんるんるんるん」と、仰っていましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) で、僕は、ちょうど8mm映画製作を趣味にしていたので、モノクロ版『サイボーグ009』のオープニング(るんるん赤〜いマ〜フ〜ラ〜〜 な〜び〜か〜せて〜〜)を実写版で作るというのを思いつき、その時に、スタッフの女性に001人形を作ってもらって、1979年の夏のイベントで公開したり、上映会のおまけ上映として流したら大ウケしたので、その勢いで翌1980年の夏には、和彦さん主演の「誰がために」のオープニング実写版を作ったりしました映画映画映画映画 あの頃は学生でお金はなかったけど、アイデアと行動力だけで乗り切りましたネェ〜手(グー)わーい(嬉しい顔)カチンコカチンコカチンコ
190907-15.JPG
 そうそう、石森プロのマネージャー時代に、1度だけ石ノ森先生に、「多くのファンが『009』の最終章を読みたがってますけど、先生、どうしますexclamation&question」と直接、聞いた事がありますひらめきひらめき 僕自身は、個人的に『地下帝国ヨミ編』の「ジョー、君はどこに落ちたいexclamation&question」の002の台詞のシーンでOKな世代なんですけど、当時、彼方此方でその話題に触れる案件が多かったので、先生のお考えを聴いてみたいと思ったのデスいい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉) すると先生は、「そうだなぁ〜、『009』のような少年漫画はスピーデー(言葉まま=笑)じゃないといけないから、あんまり歳をとってしまうと描けないんだヨexclamation×2 だから55歳ぐらいまでには描いてやらないとナァ〜ペンペン」と答えて下さいましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) 確かあの時、先生は53歳ぐらいだったと思いますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
190907-08.JPG
 大好きな『サイボーグ009』、これからも時を超えて多くのファンの皆さんから愛され続けますように手(パー)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
posted by ショッカーO野 at 23:55| Comment(1) | 日記