2018年03月18日

島田洋七師匠星2星2星2

180315-04.JPG 

 2月4日に『もみじ饅頭〜〜星2星2星2』のタイトルでブログを書きましたが、ナント、先日、ご当人の島田洋七師匠に会えましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) 前回の日記で、新宿・京王百貨店で開催中(今月20日迄)の『大九州展』に行った事を書きましたが、本来の目的は、現在も佐賀在住の洋七師匠のトークショーを聴きに行く事だったのデスカラオケカラオケカラオケ 時間になり、催事場の片隅に設けられた『イベントステージ』に立たれた洋七師匠ひらめきひらめき 用意された椅子にも座らずに、1人で1時間近くマシンガントークを展開されました爆弾爆弾爆弾爆弾爆弾 ちょうど、親友のビートたけしさんが所属事務所を辞めるニュースの第一報が入った日だったので、早速その話や、一番身近にいる洋七師匠だからこそ言える門外不出のトーク、そして、勿論、ベストセラーの『佐賀のがばいばあちゃん』の本に載ってないエピソードの披露等大サービスで、御年68歳という事でしたが、変わらずパワフルでお元気な姿に胸アツになりました手(グー)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)

180315-07 (2).JPG

 トークの途中で、「『佐賀のがばいばあちゃん』の本読んだ人〜exclamation&question」と、会場に質問されたので手を挙げたら、僕の方を見て、「知り合いやがなダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)」とツッコんで頂いたり、トークショー終了後は、そのまま僕に近付いて来てくださり、「オォ〜ッ、大野君、元気かぁ〜exclamation&question」と言葉をかけて頂いて、CDの即売会の準備が出来るまでの間、近況報告をする事が出来ましたるんるんるんるん 僕が洋七師匠のマネージャーをやっていた時から、もう30年以上が経つんですネェ〜きらきらきらきらきらきら 当時、文化放送の『吉田照美のやる気MANMANexclamation』の放送作家をやっていた僕の所に、ジャパンアクションクラブ(JAC)から独立してアクションの出来る俳優を育てていたプロダクションの社長から電話が来て、「今度、ウチで島田洋七さんのマネージメントをするんだけど、お笑いを解るスタッフがいないんで、大野君入ってくれないexclamation&question」「いえいえ、今放送作家の仕事でメチャクチャ大変なのでゴメンナサイあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)」「じゃ、事務所で一応、捜したって事で、ダミーで良いから、洋七さんに会ってくれないexclamation&question」って感じで、新宿プリンスホテルで初めてお会いして……、「お前、よしもとの事とか、よう知っとんナァ〜ひらめきひらめき マネージャーやってくれや〜ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)」という事で、一時期、放送作家と洋七師匠のマネージャーを同時にやっていたのですが、後で、『やるMAN』に僕を引っ張ってくれた中根プロデューサー(『やるMAN』をはじめ、『てるてるワイド』他、吉田照美さんを起用してヒット番組を立て続けに製作し、後に編成部長になられてましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印))から、「放送作家とマネージャーなんて、どちらも殺人的に忙しい仕事を、両方同時にやった奴なんて見た事ないよexclamation×2」と言われましたが、その結果、毎週会議の日に胃痙攣を発症し、こりゃ身体が持たないという事でリタイヤ病院病院病院ー(長音記号1)ー(長音記号1) 後年、石森プロに入社した時、人間ドックで検査したら、「胃潰瘍痕有りexclamation×2」と診断されましたっけがく〜(落胆した顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)
 その後も、何年かに一度、洋七師匠とはお会いしましたが(中野の飲み屋街でバッタリ会ったりビールビールビール)、今回、ツーショット写真をお願いしましたカメラカメラ ツーショット写真なんて、マネージャー時代、『午後は〇〇おもいッきりテレビ』の旅ロケコーナー(まだ、司会がみのもんたさんではなくて、『走れコウタロー』の山本コウタローさん、アシスタントが泰葉さんでしたカラオケカラオケ)で、札幌時計台の前で撮って以来だから、これまた30年以上振りぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 嬉しい再会でした手(チョキ)わーい(嬉しい顔)るんるんるんるんるんるん  
更に深く!
posted by ショッカーO野 at 23:27| Comment(0) | 日記