2017年03月15日

伊勢丹の屋上ステージマイクマイク

170311-09.jpg
 先週の土曜日、『キングコング 髑髏島の巨神』試写会の会場が新宿ピカデリーだったので、上映終了後、食事をしようと近くの伊勢丹へビルビルビル で、レストラン街をブラブラしていたら、屋上に上がる階段を見つけたので、映画を観た直後で興奮していたのもあって(笑)、クールダウンにと昇っていくと……サーチ(調べる)サーチ(調べる) そこにあったのは、屋上ステージぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) 懐かしいナァ〜グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) ここのステージには何回立っただろうかexclamation&question 新卒で就職した(株)アニメックを退職する時の日曜日、月刊アニメックの小牧編集長以下、編集部員の皆さんや、直属の上司がお子さんを連れて観に来てくれた『電撃戦隊チェンジマン+星雲仮面マシンマンショー』では、マシンマン(口の部分が空いてるキスマーク)でマイクパフォーマンスをしたり(「みんな、僕と一緒にチェンジマンにカタルシスウェーブを送ってくれexclamation×2」)、また、さくまあきら師匠の事務所に入社直前の頃、前日、渋谷で行なわれたバンダイビジュアル主催の『ウルトラマンVSマグマ大使 誕生20周年イベント』でオールナイトで司会を務めたまま翌朝に行った『5人の赤戦士ショー』の時は、もう3月も終わりだというのに東京に降った大雪の為ショーが中止、店内で握手会に変更になってしまい、控室に帰る時の導線が屋上だったのもあって、誰も居ない新雪の屋上、真っ白な世界ではしゃぎ回り、雪合戦を始めるデンジレッド、バルイーグル、ゴーグルレッド、ダイナレッド、レッドワン雪雪雪雪雪、目一杯雪遊びに興じた後、そのまま常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)に『電撃戦隊チェンジマンショー』をやりに行ったなんて事もありました電車電車電車電車電車ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
170311-02.JPG
和・洋・中、好きなジャンルが自由に選べるデパートの食堂(敢えてレストランと呼ばずー(長音記号1)ー(長音記号1))は、子供の頃、連れてってもらうとワクワクしたものデス揺れるハート揺れるハート揺れるハート

 ある正月、たまたま近くを通った時、『光戦隊マスクマンショー』をやっているのを発見し、観に行こうと屋上に上がると、その日のショーメンバーが大野剣友会の皆さんで、落っこち用の段ボール(撮影ではエアーマットやエバーマットが使われるが、街場のショーでは段ボールが使われる事が多かったダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま))があって、その横に代表の岡田勝さんが居たので挨拶に行ったら、「お前の所の事務所(Mプロジェクト)が、派手な事ばかりやるから、ウチもとんだトバッチリだゾexclamation×2」と怒られ(爆=その頃、イケイケだったウチのメンバーは、行く先々の現場で高い処から飛び降りる演出をしていたのでしたいい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉))、自主的に撤収を手伝ったり(この時は、レッドマスクがティラノレンジャーの前田浩君、ブラックマスクが仮面ライダーZXの城谷光俊さんでしたひらめきひらめき)、今、ふと思いついただけでも、いろんなエピソードが思い出されますかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい
 あ、大野剣友会で伊勢丹と言えば、こんな事もありましたっけexclamation&question 『仮面ライダーZX+スーパー1+スカイライダー』のショーをウチの事務所が伊勢丹浦和店でやった時、剣友会から応援を2名お願いしてたのですが、剣友会のデスクが、埼玉県の‟浦和”というのを、神奈川県の‟浦賀”と伝えてしまい、お2人は迷わず浦賀へあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) いくらその昔、ペリーが来航した場所でも、さすが伊勢丹はなく、当時は携帯も無い時代だったので、即、連絡も付かず、1回目のステージは、2名少ない状態にも拘らず、上手く残りのメンバーが早着替え等を駆使して、何とかクリアしたなんて事もありましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗) この時のお2人が、‟ミスター昭和ライダー”中屋敷哲也さんと、『仮面ライダーZX』の時は、研究員として顔出しもしていた伊東勇治さんでしたいい気分(温泉)いい気分(温泉) この日は、僕がZX、伊東さんがスーパー1、中屋敷さんが悪ボスだったナァ〜マイクマイク
……と、以上、伊勢丹屋上ステージの思い出でした手(チョキ)わーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
170311-03.JPG
大人になっても、そのワクワクは変わらないですネェ〜レストランレストランレストラン
posted by ショッカーO野 at 12:01| Comment(0) | 日記