2016年03月08日

杉並アニメーションミュージアム10周年完走ダッシュダッシュ

160305-15.JPG
 この週末は、各地でいろんなイベントが沢山ありました そんな中、昨年3月にオープン10周年を迎え、先日、無事に11年目に突入した杉並アニメーションミュージアムに行って来ましたダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま) 当日は、昼間は『タイムボカンシリーズ』をはじめ、タツノコプロ作品を沢山手掛けた笹川ひろし監督(3年前、『宮城ヒーローサミット』の際にメカデザイナー・大河原邦男さんと共にゲストでお迎えし、司会を務めさせて頂きましたカラオケカラオケ)と『天才バカボン』や『ど根性ガエル』等の東京ムービー作品や、シンエイ動画の『ドラえもん』等の数多くの演出を務めた、芝山努監督を迎えてのトークショーカラオケカラオケカラオケ 夕方からは、『となりのトトロ』『天空の城ラピュタ』他、ジブリ作品の主題歌でもお馴染み井上あずみさん&ゆーゆちゃん親子によるファミリーコンサートが催されたのデスるんるんるんるんるんるん
 杉並アニメーションミュージアムとは、ちょっとした御縁で、オープンの3年ほど前、まだ本格的に起動していなかった時、3か月ほど、企画室に詰めていた事がありました。その頃は、展示物としては、セル撮影に使っていた大きな撮影台がポツンと置かれただけで、ほとんど見学者も来ない(ま、宣伝もしてませんでしたからあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗))状態でしたが、いつしか区の方で本格的に動き出すようになり、館長には、あのトキワ荘出身の世界的なアニメーションクリエイターでもある鈴木伸一先生(『オバケのQ太郎』の“ラーメン好きの小池さん”のモデルでも有名ですネひらめきひらめき)を迎え、そこからいろいろと展開するようになりましたぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 杉並在住の大地丙太郎監督を中心にアニソンコンサートをやったり、ある時は、大地監督が描いた絵に僕が文章を考えた『杉並アニメーション物語』という紙芝居を作ったり、楽しくやらせて頂きましたが、10周年記念イベントの時は、赤塚不二夫先生をリスペクとしている大地監督が、『おそ松くん』のオリジナルアニメを制作して発表、さらに二代目トト子ちゃん役の松井菜桜子さんとトークショーをしていたら、初代トト子ちゃん役だった白石冬美さんがサプライズゲストで登場exclamation×2 さらに大地監督が赤塚先生フリークになったきっかけのソノシート版『おそ松くん』でおそ松役を務めた松島みのりさん(TVシリーズでは、加藤みどりさんでしたかわいいかわいい)まで駆けつけ、鈴木館長が、「ボクの作品では、『怪物くん』とヒロシだネェ〜ひらめきひらめき」と、世代には堪らないイベントだったのですが、それからさらに1年を経て、今回のイベントダブルヘッダーとなりました遊園地遊園地遊園地遊園地遊園地遊園地
160305-14.JPG
 井上あずみさんとゆーゆちゃんとは、松本梨香ちゃんの声掛けで『新世紀エヴァンゲリオン』の高橋洋子さんやサイキックラバー達と一緒に、4年前、沖縄に行ってアニソンライヴをやりましたいい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉) あの時、7歳だったゆーゆちゃんも11歳揺れるハート揺れるハート おねえちゃんになってたナァ〜かわいいかわいいかわいい と、親戚のオッチャン状態でしたが、楽しい1日でしたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)
posted by ショッカーO野 at 18:02| Comment(0) | 日記