2015年11月26日

癒しの空間♡♡♡

151103-01.JPG
 久し振りに“井の頭自然文化園”に遊びに行って来ましたかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい 再来年開園100年を迎える準備という事で、現在、井の頭公園の池では“かいぼり”という池の水を抜いて外来種の駆除や違法投棄の自転車等の排除作業をしているというニュースが連日報道されていますが、僕が行ったのは、そのチョット前ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)
151103-43.JPG
池の上の橋を渡ると、すぐに“分園”の入り口があり、そこは水鳥のパラダイスぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)鳥鳥鳥ペンギンペンギンペンギン
151103-50.JPG
オシドリの雄は、いつ見ても色鮮やかデスかわいいかわいいかわいい
151103-39.JPG
“水棲動物館”には、水辺の生き物や魚がいっぱい星座(うお座)星座(うお座)星座(うお座) ニョッキリ首を長く伸ばしているのは、これまた外来種の“カミツキガメ”デスむかっ(怒り)むかっ(怒り) 『秘密基地へようこそexclamation×2』のアシスタントは、大のカエル好きなので、此処に来るのが楽しみだと言ってましたかえるかえるかえるるんるんるんるん
151103-38.JPG
一度外へ出て歩道橋を渡ると“本園”がありますひらめきひらめき 僕的な癒し空間はコチラ側がメイン揺れるハート揺れるハート揺れるハート まずは、“モルモット”のふれあいコーナーへGOダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま) 平日に行くと、ほとんど並ばずに、ゆっくりと触れ合える事が出来ますグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印) おとなしくて可愛いデス揺れるハート揺れるハート揺れるハート
151103-09.JPG
一番のお気に入りは、“リス”を放し飼いしている“リス園”で、そもそも編集者の先輩から、このリス園のリス達の自由っぷりを聞いて、来始めたと言っても過言ではありませんひらめきひらめきひらめき 脱走しないよう、二重になっている入り口を入ると、中は正に“リスの楽園”かわいいかわいいかわいい 文字通り、縦横無尽に走り回り、我々の目を楽しませてくれます遊園地遊園地遊園地遊園地遊園地遊園地ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま) ここは絶対おすすめのスポットexclamation×2 かなり癒されますいい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)
151103-03.JPG
 そして、癒されると言えば、“井の頭自然文化園の顔”とも言える“象の花子姉さん”象象象 齢60歳を超えてるアジア象で、戦後まもなくタイから日本に送られ、上野動物園にもいたという事でするんるんるんるん “上野動物園の象”というと、懐かしい思い出がありますひらめきひらめき それは、ちょうど僕がアクションを始め、下積みの新人時代を経て仕事が面白くなって来た頃、僕が所属していた事務所が劇場映画『月光仮面』のショーの版権を獲得し、全国展開を仕掛け、その関係で配給会社のヘラルド映画作品のキャラクターショーやキャンペーンの仕事を多くするようになり、『月光仮面ショー』や『おじゃまんが山田くんショー』であちこち周った後、次に来た作品が、『象のいない動物園』というアニメ作品でした映画映画映画 これは第二次世界大戦終盤、形勢不利になって来た日本が、あらゆる事に対して倹約・節約を呼びかけ、当時上野動物園に居た動物達もエサ代・維持費を節約する為に、薬殺処分するという方針を立てられました。中でも体の大きな象達は、その一番の対象となり、エサのリンゴに毒を混ぜて処分しようとするのですが、利口な象・トンキーは、毒リンゴを食べず、仕方がないので、エサを与えず餓死させる方法が採られるのですが、飼育員さんの顔を見ると、エサ欲しさにフラフラになりながらも両前足をあげる芸を見せつつ、そのまま息絶えるという、とても悲しい話でした。トンキーに会いに行くのを楽しみにしていた主人公の少年を野沢雅子さん、トンキーの世話をする飼育員を『まんが日本昔ばなし』でもお馴染みの常田富士男さんが担当されていましたが、トンキーが芸を見せるシーンでの常田さんの「トンキー……」というセリフで、試写会で号泣しましたもうやだ〜(悲しい顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
 この『象のいない動物園』の宣伝キャンペーンの為に、怪獣造型でもお馴染み、開米プロに発注して本物そっくりの小象の着ぐるみ“トンキー”を作り、僕は“前足”を担当しましたひらめきひらめき キャンペーンは、「是非、子供達にたくさん観てもらい、戦争を絶対にしてはいけない事を伝えていきましょうexclamation×2」というテーマで、都内近郊の幼稚園・100か所以上を周りましたexclamation×2 司会のお姉さんが呼び込むと、本物と見間違う象が園庭に入って来たもんだから、園児達は大興奮遊園地遊園地遊園地 その後、フジテレビの『ママとあそぼうピンポンパン』に出たり、試写会に登場したり、いろんな所へ行って、映画公開後は、『8時だヨexclamation全員集合exclamation×2』で志村けんさんと絡んだり、『オレたちひょうきん族』で、ビートたけしさん演ずる“タケちゃんマン”を背中に乗せたり(それまで、園児を乗せた事は何百回もあったけど、大人を乗せて、しかも全力で走るexclamation×2 なんて事を何度もやらされたので、死ぬかと思ったがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗))……テレビテレビテレビ で、それ以来、『オレたちひょうきん族』にはちょくちょく呼ばれるようになり、準レギュラーになりました象象象 時には“仮面ライダー(スカイライダー)”に変身して『ウルトラマン』のアラシ隊員の衣裳を着た毒蝮三太夫さん達と一緒に“タケちゃんマン”を助けに行って、明石家さんまさん演じる“ブラックデビル”にやられたり、“月光仮面”に変身して、たけしさんが演じる食堂のオヤジの店の客としてカツ丼食べてたり(このシーンの撮影中、フレーム内に見切れてしまったADさんが、『ひょうきん懺悔室』で水をかぶった第1号となりました雨雨雨)……映画映画映画 で、ある日、『タケちゃんマン』の収録スタジオに象の着ぐるみを担いで入ったら、たけしさんがいたので、「オハヨウゴザイマス(^O^)/ “象”デスグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)」と、挨拶したら、「いきなり『象デスexclamation×2』ってのも、スゲェ挨拶だネェ〜るんるんるんるん」って笑ってもらえて、メッチャ嬉しかったデス手(チョキ)わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい) 後年、僕がB&Bの島田洋七師匠のマネージャーとして、洋七師匠の親友のたけしさんにお会いした時も覚えて下さってて大感激でしたもうやだ〜(悲しい顔)たらーっ(汗)たらーっ(汗) ……と、そんな幸せな経験の数々のきっかけとなった“トンキー”とは、その後も『ひょうきん族』の中で、いろんな経験をさせて頂きましたるんるんるんるん 映画『コイサンマン』のプロモーションで来日していた“ニカウさん”と『ひょうきんベストテン』で共演させて頂いた際には、当然ながら、ニカウさんの国には“着ぐるみ”という発想がなく、その上ニカウさんは幼少期に、サバンナで象に踏まれそうになった事があって“象恐怖症”だという事でしたので、僕が「安心して下さいexclamation ボクが入ってますヨexclamation×2」と説明し、それをニカウさんが理解出来る言葉になるまで、3人の通訳を介して会話したり、『ゴジラ』の芹沢博士をはじめとする東宝怪獣映画や、『ウルトラマン』の岩本博士、『レインボーマン』のミスターK役でもお馴染みの平田昭彦さん御一緒させて頂いたり、思い出は尽きませんぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
 その実在した“トンキー”の後に、実際に日本に送られたのが“花子姉さん”だったのデスひらめきひらめき いつまでも元気でいてほしいデス手(グー)わーい(嬉しい顔)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)いい気分(温泉)

posted by ショッカーO野 at 17:36| Comment(0) | 日記